トップページ

動画配信サービス(VOD)の中で最も作品数が多いのはユーネクストとhulu(フールー)です。

実際に公表されている作品タイトル数で比較してみましょう。

作品数
ユーネクスト
120,000
hulu
80,000
TSUTAYA
40,000
Netflix
10,000
Amazonプライム
8,000

動画配信サービスではNetflix、Amazonプライムビデオなどが有名なのですが、この通りちゃんと比較するとかなりラインナップが少ないことがわかります。

これらは英語圏のサービスであるため、日本では字幕や吹き替えに対応している動画となると激減してしまうことが原因です。そのため、日本においては知名度ほどおすすめできません。

繰り返しになりますが、日本でおすすめできるサービスはユーネクストとdTVの2強であり、この2つのサービスでほぼすべての動画を網羅できているということです。

ユーネクスト

こちらのサイトに詳しいレビューがあります。無料です。
⇒ 詳しいレビューはこちら

⇒ 人気No1のユーネクスト

hulu

知名度も人気も高いhulu。作品数80,000本とユーネクストと比べると少ないように思いますが、人気作品を中心にラインナップされているので、遜色ありません。

むしろ、画質、デザイン、速度など定評があり、知名度からhuluを選ばれる人も多いです。

こちらのサイトに詳しいレビューがあります。無料です。
⇒ 詳しいレビューはこちら

⇒ 作品数8万本はダントツ